A.R.C CORPORATION

野生生物と人間のより良い共存関係を構築する

自然環境調査

自然環境を把握するために次の調査を行っています。
植生調査、鳥類調査、哺乳類調査、両生・爬虫類調査、魚類調査、底生動物調査、陸上昆虫類調査

モニタリング

環境調査に基づいて多自然型河川工事の施工計画、道路のミティゲーション計画・提案、および公園造成計画・提案を行っています。また、この追跡調査の結果の集計を行い、以後の提案に反映できるようにしています

データベース

主に河川情報をデータベース化する業務です。
空撮上から河川占用地情報を検索表示する「Hyper wood2」。地図上から過去の工事・樋門情報を検索・表示する「Hyper history」等があります


Corporate Policy
理念と業務方針


【アークコーポレーションの沿革】

【理 念】
 流域全体を視野に入れ、全ての分野の自然環境に関する情報サービス機関としての役割を果たすことで、野生生物と人間のより良い共存関係を構築できるよう目指しています。

【自然環境に関する情報提供】
 河川・道路・公園等の公共工事による自然環境影響の回避・軽減・緩和措置を現地調査に基づいて提案します。また、工事前、工事中、工事後の自然の推移を記録して、次の計画に反映させます。

【保全対象の明確化、事前調査による工法検討、追跡調査】
 構想・計画段階で自然環境調査を行い、保全対象とする生物を明確にした上で、多様な生物が生息する自然環境を保全・創出する施工計画を提案します。
 また、施工後には追跡調査を実施し、その成果も生かして新たな工法の提案を行います。

【合意形成のための調査と表現方法の工夫】
 自然環境の保全・創成の視点から環境影響の回避・軽減・緩和措置の結果を評価できるように、事前調査の時点から追跡調査を前提とした計画で調査を進めています。
 そして、報告書や提案書については、関係者の合意形成の資料として活用されるように、また将来の追跡調査に資料として生かされるように、調査結果や提案内容を分かり易く写真、イメージ図、図面等を利用したビジュアルな表現方法を工夫しています。

自然環境に関する情報提供


河川・道路・公園等の公共工事による自然環境影響の回避・軽減・緩和措置を現地調査に基づいて提案します。また、工事前、工事中、工事後の自然の推移を記録して、次の計画に反映させます



Our Projects
業務実績





保全対象の明確化、事前調査による工法検討、追跡調査


構想・計画段階で自然環境調査を行い、保全対象とする生物を明確にした上で、多様な生物が生息する自然環境を保全・創出する施工計画を提案します


TEAM A.R.C
組織図



Izukura Yoneo
伊豆倉 米郎

代表取締役

座右の銘
「不自由を常と思えば不足なし」
1級土木施工管理技士


Wada Tetuya
和田 哲也

専務取締役
東京支店長

土木学会認定 上級土木技術者
1級土木施工管理技士


Planning Dept.
企 画 部

主にソフトウェアや
システム開発などを
行っています


Environment Dept.
環 境 部

自然環境調査
教育普及活動など
現場が活動の中心です


Design Dept.
設 計 部

土木設計
測量業務
を担当しています


Sales Dept.
営 業 部

積算や契約事務など
お客様とアークを
つなげる仕事です


Tokyo Branch.
東 京 支 店

東京近辺での業務を
主に担当しています

資格者

技術士[建設部門](河川・砂防)  2名
技術士[建設部門](建設環境) 2名
技術士[環境部門](自然環境保全)  1名
技術士補[建設部門] 1名
1級土木施工管理技士 7名
RCCM[建設環境]  4名
測量士 2名
土木学会認定 上級土木技術者 1名
監理技術者 2名
認定技術管理者(建設環境) 1名

受賞歴

2011年 帯広開発建設部部長表彰
2012年 帯広開発建設部部長表彰
2017年 北海道開発局優良工事等表彰局長表彰
2019年 帯広建設管理部優秀現場代理人等表彰
2020年 北海道開発局優良工事等表彰部長表彰
2021年 北海道開発局優良工事等表彰部長表彰


合意形成のための調査と表現方法の工夫


自然環境の保全・創成の視点から環境影響の回避・軽減・緩和措置の結果を評価できるように、事前調査の時点から追跡調査を前提とした計画で調査を進めています



News
更新情報




21.7 開発局部長表彰
詳しく
20.11 レーザ測量ドローン導入
詳しく
20.10 新聞掲載
詳しく
20.9 事業継続力強化計画認定
詳しく
採用情報
詳しく
社内研修会
詳しく
過去の更新情報

自然環境の保全や創出にかかわる調査を実施


業務の受注先は北海道開発局や北海道などの官公庁が8割以上を占めています

地域に根付いた建設コンサルタントとして、近年は市民参加型の川づくり計画にも取り組んでいます


人間と野生生物のより良い共生のために




会社概要

【商号】 アークコーポレーション株式会社
【代表者】 代表取締役 伊豆倉 米郎
【創業】 平成5年8月2日 
【建設コンサルタント登録】  建31第6428号
【測量業者登録】  第(6)-23557号
【資本金】 1千万円 
【主要取引先】  北海道開発局 北海道
【取引金融機関】  北海道銀行帯広支店
   
【関連会社】  株式会社 伊豆倉組  Link

所在地

【本 社】
〒080-0806
北海道帯広市東6条南7丁目20番地
Tel 0155-23-0660
Fax 0155-28-3260  Mail


【東京支店】
〒114-0001
東京都北区東十条2丁目3番7号
ハイツデイライト505
Tel 03-5390-3254

A.R.C CORPORATION.
http://izuarc.com/izuarchome/arc/

© Copyrights Shield. All Rights Reserved

Created with Shield template by TemplateMag